「走行10万キロ」は安く買い取るための口実になるかもしれない


■走行距離10万キロはなぜ区切りになるのか

近頃の日本車は本当に故障しにくくなり「車が壊れた」という話しさえ滅多に聞かなくなりました。

ほとんどの車は車検の時のメンテナンスだけ7~8万キロなど何の支障も無く走るでしょう。

必要なメンテナンスさえ行えば、10万キロ、15万キロでも走りますし、海外では20万キロ、30万キロの車も現役で走っていたりします。

ではなぜ走行10万キロが多走行の目安になったり、買い替えの目安になったりしているのでしょうか。

簡単に言えば、かつては10万キロも走った車はいつ壊れてもおかしくないという定説があったからです。

一昔前であれば、10万キロも走るとタイミングベルトの交換、駆動部の部品の交換など高額なメンテナンスが必要になってくるため、買い換えるほうが経済的には得だというのが一般的な話だったのです。

今では日本車の耐久品質の高さ、故障のしにくさは世界中で認められています。

そんな日本車の高品質化の中でも、かつての10万キロ定説がまだ尾を引いているということなのでしょう。


■走行10万キロ以上の車をわざわざさがしている買取店まである

品質向上が著しい日本車といえども、10万キロを超えれば確かに故障の確立は高まるでしょう。

でも10万キロを超えたから目に見えて故障が多くなるというわけではありません。

10万キロでの交換が推奨されているタイミングベルトでさえ、設計上の耐久性は数十万キロだそうですよ。

普通の走り方をしていれば20万キロでも滅多に切れることは無いという業界関係者もいます。

車検時の部品交換は増えるでしょうが、10万キロを越したからといってもそれ以前とほとんど変わらずに走ることができるでしょう。

このような壊れにくい日本車ですから、見てくれなどあまり構わない海外では日本車の多走行車が現役でどんどん走っています。

海外向けルートを持つ買取専門店の中には、わざわざ走行10万キロ以上の車を探しているところもあるくらいです。
※10万キロ超など多走行の車の輸入税が安くなる国があるそうですよ。


■走行10万キロは車を売るための区切りにはならない

以上見てくると、一昔前と違い「走行10万キロ」は、車を売却するための区切りにはならないと言っていいでしょう。

「10万キロになる前に売ろう」とか「10万キロを超えているから値が付かないかも」などと考える必要は無いということです。

10年落ち以上の車とか、走行10万超の車を探している買取店まであるのですから、堂々と査定をしてもらえばいいのです。

そのような買取店なら走行距離がマイナス査定の要因になることはほぼないでしょう。

日本の中古車の半分以上が海外輸出されているそうですが、海外に強い買取店など驚くような査定額を付けるかもしれませんよ。


このページの先頭へ