4WD車には相場が変動する時期がある


■4WD車の魅力

クロカン、4WD車は、車高、ポジショニングが高いので視界も良く運転しやすく、荷物も積めるし、街中でも快適に走り、場合によってはちょっとした悪路へも入っていけるというとても魅力のある車です。

走行性能だけでなく、多彩なオプションパーツでカスタマイズできるなど、クロカン・4WD車はただの日常の足ではなく、自分らしさを演出できる車です。

魅力度の高いクロカン・4WD車ですが、通常の中古車買取店ではオークション(自動車市場)相場を元に買取額が決定するため、そのプラスアルファの魅力が買取額に反映されない場合があるのも事実のようです。

クロカン・4WD車の専門店もからめるのが高額査定を目指すコツかもしれませんね。


■冬場に相場が上がる4WD車

中古車の相場の動きという点から見れば、4WD車はちょっと特殊な部類に入るようですね「。

スキーシーズンである冬場になると、4WD車を求める人が多くなり、例年中古車の価格が上がるといいます。

4WD車を欲しい人が多くなる時期には中古車販売店は4WD車の在庫を増やそうとします。

中古車販売店の仕入先は業者オークションですから、需要と供給の関係で4WD車の落札相場が上がります。

業者オークションの落札相場が上がれば、オークションへの出品を前提に買取を行う買取専門店の4WD車の買取価格も上がるというわけです。

これはほぼ例年出てくる傾向のようです。

また、北海道・東北などの積雪寒冷地だけの話ではなく、その他の地域でもスキーなどウインタースポーツへ出かける人達の需要もあり全国的に4WD車の相場が高くなりというとこです。

新車よりも買い求めやすく流動性の高い中古車は、それだけ季節の変動に相場が敏感に反応するのかも知れません。


■4WD車は冬に向う時期に売る方がお得

ということで、秋頃になれば冬シーズンに合わせて中古車販売店は在庫車を増やす時期になり、価格も割高になります。

年によって違いはあるでしょうが、少なくとも3~5万円の違いが出てくると言う人もいますよ。

4WD車はタイミングさえ合えば、この時期に売るのがベストだということです。

逆に4WD車を買う場合は、相場が上がってくる秋が来る前、つまり夏までがお得な時期だということになりますね。

冬が近くなってくると、西日本方面の業者から北国の業者が信じられない金額で四駆を仕入れていくという光景も見られるそうですよう。

夏場かから展示されている4WD車の値段が付け替えられるということはさすがにないでしょうが、これらが売れた後の展示車は割高な価格になるのは間違いないでしょうね。


■時期による価格差で利益を上げる業者も?

季節によって4WD車の値段が変動するのはほぼ毎年のことです。

これに着目して、資金の豊富な販売店が4WD車の値段の安い時期に仕入れをしておいて、4WD車の相場が上がった時にオークションに出品し利益をあげている裏話もあるそうですよ。

1台や2台ではくらいではたいした利益にもならないでしょうが、大量に仕入れれば確かにその利益はばかにならないものでしょうね。


このページの先頭へ