売ると決めたらできるだけ早く売るのが基本

中古車一括査定 訪問査定

中古車を売る時期やタイミングというのは、意外に悩ましいものかもしれませんね。

「ローンがもう少しで終わるのでその後売ったほうがいいのか」

「車検期間が多く残っていると売るのは損だろうか」

「査定のことを考えると車検が残っている間に売った方がいいだろうか」

「タイヤの溝が残っている間に売った方がいいのかもしれない」

などと、思い悩む要因はさまざまでしょう。

でも、一般的には、「売ろうと思い立ったらできるだけ早く売る」というのが中古車を少しでも高く売るための基本のようです。

考えてみれば当たり前のことですが、車というのは新車の時から時間が経てば経つほど評価額が下がるものなのですから。

売ると決め手からタイミングについて色々調べたり悩んだりしているうちに、走行距離は増えますし、償却による原価も進んでしまいますよね。

たとえば9月頃に車を売ろうと思い立ったが、コンパクトカーは春先に相場が上がるからといって3月頃まで売却を伸ばしたらどうなるでしょうか。

3月頃に相場の上昇はあるかもしれませんが、9月時点より高く売れるとは限りません。

むしろ年式落ちや走行距離の増加などによる半年間の評価減で安くなる可能性の方が大きいでしょう。

※抜群に値落ちが小さい軽自動車は中古車売却が有利ですね。
  →  軽自動車の値落ち


■買取専門店にも査定額の有効期限がある

査定の「有効期限」のことを聞いたことがあるでしょうか。

車買取専門店の査定を受け買取額の提示を受ける場合でも、その買取額には2週間とかあるいは1週間の「有効期間」が付けられるのが普通です。

買取専門店は、ほとんどの場合業者オークションの落札相場を見ながら中古車の買取金額を決めています。

業者オークションの相場、つまり実勢価格というのは常に動いており、1~2週間絶てばその査定額で買い取れる保障がないということです。

査定の有効期間が切れれば再査定ということになりますが、再査定によって買取額が高くなるということは考えられず、その幅は別にしても安くなることを覚悟しなければならないでしょう。

買取専門店が頑張って上限に近い買取額をつけていばいるほど、その懸念は大きくなるはずですよ。


■売ることを決めたらできるだけ早く売るのがベスト

クロカン・4WDなどのように例年一定の時期に相場が上がる車の場合は、それも踏まえた売却時期を考えた方がいいかもしれません。

でも、一般の車の場合は、売ることを決めたらできるだけ早く売るのがベストだということになります。

そのためにも、一度に多くの買取店に査定依頼でき、一括比較で最も高いところに売却できる一括査定は重宝するサービスだと思います。

かつてのように、何ヵ所も買取店を廻って査定してもらったり、個別店に何ヵ所もネット査定を依頼したりする手間と時間を省くことができますから。

無料一括査定は、中古車を売るタイミングを早められるという意味でも大変便利でありがたいサービスだといえますね。

中古車を売ると決めたら、まずは速攻で一括査定を試してみましょう。

最も少ない労力と時間で、納得の中古車売却が実現すると思いますよ。


このページの先頭へ